このページでは、産み分けのテクニックとして「女の子編」を紹介しています。実践でのテクニックやポイントをまとめていますから、自分の頭のなかでイメージトレーニングしてみましょう。早くかわいい女の子を授かることができるようにがんばってください。

〜精子・卵子の寿命〜

X精子の寿命は2〜3日
女の子をつくるX精子は2〜3日の寿命、男の子をつくるY精子は1日しか生きられません。
卵子はどうか?卵子も1日は生きていますが6時間が活発に動いています。

〜女の子の産み分けポイント〜

・生理後1〜2日おきに性行為をする。そして排卵日の2日前に性行為をする。
・男性は浅く挿入したままで精子を出す。
・女性がオルガスムスになる前に精子を出す。
・最後に性行為した後は、1週間はあける。

〜基礎体温を調べる〜

女の子が欲しい場合、しっかりと基礎体温表をつけましょう。
・2ヶ月前後はコンドームでの避妊で、頸管粘液の最大を調べる。
・頸管粘液が分泌され、排卵日とおもう2日前にセックスする。
・排卵日の2日前にセックスしたら、1週間前後は性行為をしない。もしもする場合は、コンドームでしっかり避妊をする事。

〜性交のタイミングは?〜

妊娠率は排卵日予定の前日に性交したときが最高です。
排卵予定日の当日の性交は妊娠率が低下します。
セックスは排卵日予定の前日に1回、当日の2回に行いましょう。
妊娠を考えている期間は、コンドームによる避妊か禁欲が大事です。
なぜなら、老化精子に卵子が受精するのを防ぐためです。

〜妊娠率が高い低い?〜

排卵日の前日は妊娠率が高いです。
それは、元気な精子が少なくても48時間は射精時と同じ状態で蓄えられるからです。
もし、排卵が1日遅れたとしても、卵子は全部元気な状態で精子と受精することができるからです。
運がよければ、最も新鮮な精子と受精すれば、すごく優秀な子供が出来る可能性があります。

〜産み分けアイテム〜

〜関連リンク〜産み分けテクニック!〜

〜産み分け最新事情〜

Copyright (C) 産み分けテクニック!〜女の子編〜 , All rights reserved.