ここでは、「男の子」の産み分け方法やポイントなどをまとめています。男の子が欲しい場合には、男の子の遺伝子をもつY精子がより良く動くことができるよう、環境をつくることが大切です。

〜排卵日当日が狙い目〜

男の子が欲しい時はどのような体位などがよいのか?
リンカルの服用や排卵当日のセックスが有効とされています。
男の子のY精子は、X精子と比較して運動性にすぐれています。
そして、大体は耐久性が短く、命も短いです。
月経期間中や前後の期間でも完璧に禁欲して、排卵日当日に新鮮なY精子を射精するようにしましょう。
長い間男性が我慢できないときは、月経が終わった当日および翌日にセックスすればよいでしょう。
この2日間は妊娠する確率はないです。
そして、次の月経が始まるまではしっかりと禁欲しましょう。
万が一の受精と、精子の鮮度を保持するためですので。

〜シチュエーションも大切〜

女性が興奮できるように、前戯は時間をかけましょう。
女性は感じるほど子宮頸管からアルカリ性の分泌液を分泌します。
これは、X精子、Y精子共に動きやすい環境になりますが、Y精子の方が機敏に動くようになります。
女性がオルガスムスになれるように、男性は出来るだけ我慢をし、女性を喜ばせてあげてください。

〜どのような体位がいいのか?〜

出来るだけ男性は女性に対して、深く挿入してあげて、膣の置くの方で射精してあげてください。
体位など、 ・男性が上位で女性はひざを曲げましょう。正常位。
・女性は四つんばいになり、男性は後ろからの挿入。
セックスの後は、射精したままの状態で10分前後それを保つと妊娠しやすいといわれています。

〜2重の効果で〜

性欲が刺激され、男性では勃起、女性ではバルトリン腺から潤滑液を分泌するといった性反応がおこります。
そして性中枢の興奮は、性腺刺激ホルモンの働きによって、中枢を刺激し、ホルモンの分泌をうながします。
女性では、卵胞刺激ホルモンや黄体形成ホルモンの分泌も増加し、頸管内は精子にとって最高の環境になります。
男性は、男性ホルモンの分泌が増加し精液の量や精子の数が増加します。
大切な事は前戯やシチュエーションで効果が増加することです。

〜産み分けアイテム〜

〜関連リンク〜産み分けテクニック!〜

〜産み分け最新事情〜

Copyright (C) 【男の子編】産み分け方法や効果・テクニック , All rights reserved.