人工授精は男の子ができる確率が多いとされています。それは、排卵日を決めるのもありますが、ある程度の時間、容器に入れたままにしておくからです。

〜人工授精での男女の割合〜

人工授精ではしっかりと受精させるために、排卵日を調査し、排卵日当日に精液を注入しているからです。
射精された精子は粘度があり、そのままでは注入しにくいので、1時間程度容器にいれておきます。
産み分けの確率、成功率は約80%程度だそうです。

〜老化精子を蓄えない〜

精子の寿命は卵子よりもかなり長いとされています。
射精後80時間程度経過しても元気で受精能力を保持していますが、48時間を経過すると、老化が進み受精してもだめになってしまいます。

〜老化精子を防ぐ〜

女性に射精された精子は長い受精能力を保持しています。
そして、タイミングよくセックスしても新鮮な精子が受精するとは限りません。
なぜなら、その前に老化した精子が卵子を奪い取ることもありうるので、まただめになる確率があります。
よりよく妊娠するためには、月経後から本番までは禁欲、しっかりとコンドームを使って、膣内に老化精子を残さないようにすることが大切です。

〜産み分け〜

産み分けがしたい人たちの間では、人工授精をすれば、男の子が生まれる確率が高くなると思っています。
しかしながら、人工授精しても男の子の確率が上がることはないようです。
一般に産み分けの場合は、先に子供が生まれて、次に生みわけをしても一向に妊娠しない人のために行う受精です。

〜人工授精の成功率は?〜

みんながみんな人工授精を行えば、100%妊娠すると考えていますが、成功率は約40%程度だということです。
やはり、刺激や興奮が無いのが原因のひとつとなっているようだ。
今の段階では産み分けは難しいかもしれません。

〜禁煙は大切〜

計画を考えたら、夫婦そろって禁煙しましょう。
妊娠から、出産まで赤ちゃんに害を与えないように努力しましょう。
タバコのニコチンの作用で女性では、卵管の働きが麻痺して血流を少なくすることがあります。
男性では、精子量が減少し、精子の能力も低下します。
そして、血管が収縮するので勃起障害を引き起こします。
そしてタバコの煙には、遺伝子を傷つけてしまう要因があります。
母体から胎児に送られる酸素や栄養も減少してしまいます。
妊婦がタバコを吸い続けると、子供の体重が減少するなど、身長も伸び悩んでしまいます。
特に妊娠後期の喫煙と本数は影響大なので、注意しましょう。

〜産み分けアイテム〜

〜関連リンク〜産み分けテクニック!〜

Copyright (C) 産み分けが人工授精でも可能? , All rights reserved.